今も歴史を刻み続ける生きている遺跡の街「河回村」@慶州・安東の旅~安東観光地①~

 08, 2017 20:12
こんばんわー
今日は会社が早く終わって、いつもの退勤時間に夕飯を食べましたナイフとフォーク
引っ越しして会社が近くなったんで、すぐにお家に帰れるこの幸福感デレデレ
引きこもり嫁には嬉しすぎるわハート​​​​​​​

さて、先々週末に行ってきた
韓国観光公社在韓日本人ブログ・SNS記者団ツアー。
最後から2番目となる慶州・安東ツアーのレポをお届けしていきます~

前回まではこちらから下矢印​​​​​​​
 何度行っても好きな街@慶州・安東の旅~はじめに~
 豚と牛の両方を楽しめるトッカルビ「古色蒼然」@慶州・安東の旅~慶州グルメ編①~
 あの何とも言えない大仏様に癒されてきました「石窟庵」@慶州・安東の旅~慶州観光地①~
 仏の国でちょっと心をちょこっと浄化「仏国寺」@慶州・安東の旅~慶州観光地②~
どれ食べよぉーって迷ってしまうほどのおかずたち「李豊女クロサムパプ」@慶州・安東の旅~慶州グルメ編②~
 慶州の夜景と言ったらココでしょ!「瞻星台」「慶州東宮と月池」@慶州・安東の旅~慶州観光地③~
 一足先にオンドルでぬくぬくステイ「慶州観光ホテル」慶州ホテル編&慶州のおすすめ土産編
 秋の慶州を上から眺める「慶州タワー」@慶州・安東の旅~慶州観光地④~
 安東の名物料理が塩サバを堪能!「河回木石園ガーデン」@慶州・安東の旅~安東グルメ編~

安東名物の塩サバを堪能したら、
安東の定番中の定番の観光地であるこちら下矢印​​​​​​​

201710an2-1.jpg 

河回村
ここは世界遺産の村デス。
日本の白川郷みたいな感じで人が住んでいて、昔のままの姿で残っていて
昔の韓国の貴族の生活様式とかを知ることができます照れ​​​​​​​

201710an2-4.jpg 

河回村は豊山・柳氏が600年あまり暮らした同姓村で、
リュ・シウォンの実家があることで有名。
村の名は洛東江(ナットンガン)が村をS字型に回るように流れていることから
名付けられたそうです。
村を歩くとこんな感じで人の背丈ほどの土壁が村の道を作っています下矢印​​​​​​​

201710an2-2.jpg 

こんな感じの雰囲気・・・ここでしか見られないですよね。
よく見るとこの土壁、右側には石を使っての土壁、左は土だけの壁になってるんだけど、
昔は土だけの壁だったらしいんだよね。
その理由がこの村が川に浮かぶ村(=船)と考えられてたらしく、
石を使うと沈むと思われてたんだってー。

201710an2-3.jpg 

この家の前の壁は、外から家の中の貴族の女子たちが見えないように。
守られ女子ですね~うらやますぃーチュー​​​​​​​

201710an2-7.jpg 

ここは・・・そう、噂のあのお方のおうち。
今は別荘らしいですよ~
そして、家の門の横あたりにある穴。
これは、お金のない学者たちへの支援をする穴だったそうです。
なので、筆ばかりを握っているはずの学者たちへの支援だから、
他の人は手が入らないようにめっちゃ穴が小さい
栄養過多のぶくぶくの私の手はもちろん…入りません滝汗​​​​​​​

201710an2-5.jpg 

立派な韓屋つくりのお家にみんな写真撮影カメラ​​​​​​​

201710an2-6.jpg 

村を囲んでいる川沿いに行くと、対岸に立ちはだかる絶壁が見えます。
船で対岸へ渡って、絶壁から村を見下ろすことができるらしいんだけど、
今回は行けませんでしたタラー​​​​​​​
前回も行けませんでしたタラー​​​​​​​タラー​​​​​​​
完全帰国するまでには一度でいいから見下ろしてみたいわー

201710an2-10.jpg 

川沿いは綺麗な並木道

201710an2-9.jpg 

そろそろ紅葉が色づき始めているかな?
紅葉も綺麗だろうし、春の桜も綺麗だろうな~
映画とかの撮影もされたらしいよ~

201710an2-8.jpg 

家の洋式は昔のままだけど、生活感はあり、
昔も今もこの様子は変わらないんだろうなー
と感じさせてくれるそんな村でした。

ここも本当はもっと見どころがあるんだけど、
時間が押しに押しまくってて、さささーーーと見学したんだよね。
もう1回ここに行きたいな音譜​​​​​​​

 観光地情報 
いぬごや 観光地名:河回村(ハフェマウル)/하회마을
顔郵便マーク 住所:慶尚北道 安東市 豊川面 河回宗家キル 40/경상북도 안동시 풍천면 하회종가길 40
 電話:+82-54-852-3588
¥​​​​​​​ 料金:3,000ウォン
時計​​​​​​​ 利用時間:夏季 9:00~19:00、冬季 9:00~18:00
Internet Explorer8​​​​​​​ サイト:http://www.hahoe.or.kr
 アクセス方法:
①清涼里駅からムグンファ号で安東駅へ(約3時間20分所要)
②安東駅からタクシー(約37分所要)
地球 地図:NAVER地図


2017 KTO블로그기자단5기 배너 


韓国情報が満載!!&在韓日本人の皆様のブログも見れちゃう!
在韓日本人ネットワークFaceBookはこちら→https://www.facebook.com/japannetwork
在韓日本人ネットワークブログはこちら→http://ameblo.jp/ktojapannetwork 


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
今日も、最後までありがとうございます
もう、一押ししてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?