ついに、研修が終了~~
3週間ぶりに韓国へ帰ります~~韓国

いやぁ~最初は心配していた研修だったけれど、
終わってみてたらあっという間で、
しかも!!
研修先の人たち、

めっちゃイイ人

研修もやりやすかったし、
とっても勉強になって、
ここで広告したいくらいwww

たった3週間しかいなかった私に、
歓迎会もやってくれて、
最後はメッセージカードにプレゼントまでびっくり

本当に感動して涙が出そう
になりましたww←結局、でなかった...

せっかく、いい人たちにめぐりあえて、
教えてもらった分、ソウルで恩返ししたいところだけど、
お先は真っ暗スカル
社長とうまく行くのか
かなり不安だわ~~

さて、そんな東京最後の夜は矢印



もちろん、一人晩餐
結局、仕事での東京滞在だったから、
ゆっくり観光もできなかったけれど、
充実した3週間でしたWハート

おいてけぼりにしてた旦那もかわいそうでwww
これからまた奉仕しなきゃな溜息


今日も、最後までありがとうございます
もう、一押ししてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
東京滞在も残り1週間となった嫁デス...干物
研修は大丈夫なんですが、
ソウルに帰ってからの支店長の
わがままが心配です...溜息

そんなこんなんですが←??
今年お世話になった
韓国観光公社在韓日本人ネットワークブログ記者団
の最後のテーマ記事です

最後のテーマは

2015 韓国ベストスポット

去年もこれでしたね!
今年はどうしようか...
あんまりブログ記者団以外でお出かけをしてなくて...
紹介するものがない状況ではあるんですけど、
今年行った中でまた行きたいなと思う場所を
紹介しようと思います電球

そんな場所とは...

2015-07-07-09-13-37_deco.jpg

仁寺洞「伝統酒ギャラリー」
オシャレに色々な種類のお酒が並んでいるんですが、
これ、試飲できちゃうんですよ!
しかも、無料でwww

酒好きにはたまらない場所なんです!
実は、今年の5月末くらいに
日本からの知り合いが韓国に来るということで、
行ってきたんですピース♪

場所は先ほど書いたとおり、仁寺洞。
もう、ソウルの代表的な観光名所ですね
お店自体は有名な仁寺洞の通りから
ちょっと入った小道にありだけど、
ほぼ仁寺洞の通りにあると言っていい感じ。

2015-07-07-19-44-14_deco.jpg

2015-07-07-19-43-14_deco.jpg

私が行った時には日本語表記とかなくて、
しかも外から見えるお店の中が、
お酒売ってる感じでなくて、
ちょっと迷ったけれど、
建物の地下にあるので、
勇気を出して入ってみて
地下へ行くと、

2015-07-07-09-14-42_deco.jpg

お酒並んでます!!!
試飲できるお酒並んでますwww
すぐに試飲できるかと思ったんだけど、
まずはちゃんとお酒について
少しお勉強えんぴつ
曜日によってはお酒の専門家の日本人の方が
説明してくれるそうですよUP!

それが終わるといよいよ試飲
予約すると今月のお酒、
5種類試飲できちゃいます
ちなみに、ここでは韓国の伝統酒を試飲できちゃう
韓国の代表的なお酒からやじるし

2015-07-07-09-17-08_deco.jpg

マッコリ

2015-07-07-09-18-47_deco.jpg

2連発!!
マッコリって、作られている地域とかによって
まったく味も違って、
中には栗味とかもあるよ~

2015-07-07-09-18-00_deco.jpg

このときはさっぱり目と甘目のマッコリだった気がするー
それから、マッコリではない伝統酒矢印

2015-07-07-09-16-18_deco.jpg

ちょっと前のことで何のお酒だったか覚えてないけど、
度数が高かった気がするー
本当にいろんなお酒があって、
せっかく韓国に住んでいるんだから、
もっといろんなお酒の種類を飲んでみたいなって思ったりもハート

2015-07-07-09-15-34_deco.jpg

これは金箔入りのお酒!
リンゴのワインだった気がするけど、
結構おいしかった!
最近、ボジョレーヌーボーが解禁されたばかりだけど、
いろんな果物のワインも悪くないなってWハート

予約なしでも2種類は試飲できる
とドアに記載
↑本当かどうかは謎。
されてたので、飛び込みでもOKかも
予約していろんな種類のお酒を試してみるのも悪くないかな~
私もそろそろ試飲しに行きたいなってー
ワインの解禁もあったしねw

完全に私好みのベストスポットだったけど、
毎回韓国に旅行に行くたびに通っても悪くないと思うー
仁寺洞だし、ぜひ行ってみてーーはーと

観光地情報
いぬごや 観光地名:伝統酒ギャラリー
顔郵便マーク 住所:ソウル特別市 鍾路区 仁寺洞 11キル 8(地下1階)
電話:+82-2-739-6220(日本語)
Internet Explorer8予約:soolgallery@naver.com(日本語)
アクセス方法:
・ソウルメトロ1号線「鐘閣(チョンガク)駅」3-1番出口から150m前進、仁寺洞キルを200m前進(徒歩約10分)
・ソウル都市鉄道5号線「鍾路3街(チョンノサンガ)駅」5番出口横断歩道を出て横断歩道を渡り50m前進、仁寺屋方面に横断歩道を渡り、仁寺洞キルを30m前進(徒歩約7分)
・ソウルメトロ3号線「安国(アングク)駅」5番出口から200m前進、仁寺屋横の仁寺洞キルを30m前進(徒歩約10分)


2015blogkishabanner.png

韓国情報が満載!!&在韓日本人の皆様のブログも見れちゃう!
在韓日本人ネットワークFaceBookはこちら→facebook
在韓日本人ネットワークブログはこちら→*Ameba check*


今日も、最後までありがとうございます
もう、一押ししてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
連続更新です~~
これでもう昌原&釜山ツアーレポ終了

前回までのツアーの内容はこちらやじるし

sao☆ 食と観光を満喫した旅@昌原&釜山の旅:はじめに
sao☆ 歴史ある市場はでっかいどー!!@「馬山魚市場」昌原&釜山の旅‐昌原観光編①‐
sao☆ 菊の菊のための菊による祭り?!@「馬山カゴパ菊花祭り」昌原&釜山の旅‐昌原の祭り編‐
sao☆ 名前が刻まれた観光名所で硝子のアクセサリー作り@「想像の道&ガラス工芸体験」昌原&釜山の旅‐昌原観光編②‐
sao☆ 刺身もおかずも美味しくてGOOD!@「シンソンジャンフェッチッ」昌原&釜山の旅‐釜山グルメ編①‐
sao☆ 気持ちいい海まで徒歩3分のリーゾナブルホテル@「東横イン釜山海雲台(ヘウンデ)」昌原&釜山の旅‐釜山ホテル編‐
sao☆ フグさんのダシが染み出てます!!@「クムスポックッ」昌原&釜山の旅‐釜山グルメ編②‐
sao☆ 写真スポット満載な芸術と生活が融合した村@「甘川文化村」昌原&釜山の旅‐釜山観光編①‐
冷麺と冷やし中華の間で?!@「ハルメカヤミルミョン」昌原&釜山の旅‐釜山グルメ編③‐


もう、思う存分、釜山の名物を堪能したら、
最後の観光地へ
最後は昼食会場からすぐ近くの繁華街であるこちら↓




釜山国際映画祭に会える通り、
BIFF広場

1960年代には約20ヶ所の劇場があって、
1996年から釜山国際映画祭が開催され、
劇場街が誕生したそう電球
毎年ここでは釜山国際映画祭の前夜祭で
映画界の有名人のハンドプリンティングや
雪花提灯のイベントなど「BIFF広場開かれるマダン」が
開催されるんだって!



ってことで、通りにはありましたよ
有名人の手形
日本の方でも北野たけしさんとかあるよ~



それから、有名な「タネのホットットク」
普通のホットックなんだけど、
そこにひまわりの種とかが思いっきり詰め込められます~
こちらのホットックもおすすめ~Wハート



それから、お土産に
オムクコロッケ
こちらも釜山名物です~
色んな具材があって、美味しかったです~ハート



BIFF広場から徒歩でいける
釜山の有名な市場やじるし



国際市場
映画にもなったトコ♪
映画で出たお店もあるみたい!



それから、富平カントン市場も。
ソウルで言えば、南大門市場みたいな雰囲気でしたテヘ
どちらも人がたくさん
こちらも行ってみてもいいかも~

そんなんで、今回のツアーは終了!
私にとっては最後の活動でした~
また、最後にまとめの記事を書く予定ではありますが、
今期も色々訪問できて、
とっても楽しかったです~スター

個人的にも行ってみたいところも盛りだくさん
また行けるといいなはーと


というこで、最後に
韓国観光公社様、関係者様
今回も本当にありがとうございましたラブ♪

観光地情報
いぬごや 観光地名:BIFF広場
顔郵便マーク 住所:釜山広域市 中区 BIFF広場路 /부산 중구 비프광장로
電話:051-253-8253
Internet Explorer8ホームページ:http://masan.golmoktour.kr/coding/main/main.php 
アクセス方法:
①ソウル駅からKTXで釜山駅へ(約2時間40分所要)
     ②釜山駅からタクシー(約14分所要)
地球 地図:グーグル地図 


2015blogkishabanner.png

韓国情報が満載!!&在韓日本人の皆様のブログも見れちゃう!
在韓日本人ネットワークFaceBookはこちら→facebook
在韓日本人ネットワークブログはこちら→*Ameba check*


今日も、最後までありがとうございます
もう、一押ししてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
なんとも忙しい土曜日でした...
そんな職種だから仕方ないけど...
明日もお仕事な嫁ですよ~干物

さて、昌原&釜山ツアーのレポの続きです~
もう終わりに近づいてますよ~

前回までのツアーの内容はこちらやじるし

sao☆ 食と観光を満喫した旅@昌原&釜山の旅:はじめに
sao☆ 歴史ある市場はでっかいどー!!@「馬山魚市場」昌原&釜山の旅‐昌原観光編①‐
sao☆ 菊の菊のための菊による祭り?!@「馬山カゴパ菊花祭り」昌原&釜山の旅‐昌原の祭り編‐
sao☆ 名前が刻まれた観光名所で硝子のアクセサリー作り@「想像の道&ガラス工芸体験」昌原&釜山の旅‐昌原観光編②‐
sao☆ 刺身もおかずも美味しくてGOOD!@「シンソンジャンフェッチッ」昌原&釜山の旅‐釜山グルメ編①‐
sao☆ 気持ちいい海まで徒歩3分のリーゾナブルホテル@「東横イン釜山海雲台(ヘウンデ)」昌原&釜山の旅‐釜山ホテル編‐
sao☆ フグさんのダシが染み出てます!!@「クムスポックッ」昌原&釜山の旅‐釜山グルメ編②‐
写真スポット満載な芸術と生活が融合した村@「甘川文化村」昌原&釜山の旅‐釜山観光編①‐


写真スポット満載の甘川文化村に行きました~
思ったよりもアップダウンが激しく、
結構な運動になったのか、
お腹もペコペコってことで、
昼食会場へ

向かったところは...やじるし





釜山の銀座
「光復路」
釜山の中でもちょっとお年が行った方たちが
多い場所だそうですなるほど!
釜山の有名な観光地でもある龍頭山公園へ行く
ケーブルカー乗り場もありましたよ~

そんな通りを歩いていると、
ちょっと小道に入った路地に昼食会場が...矢印




「ハルメカヤミルミョン」
日本語が書いてあるので分かりやすいですね
メニューはこれだけ。



注文したメニューの前にこちらが↓



ユクス
とっても熱々汗
お肉の出汁が出たスープなんですよ~
そんなスープを楽しんでいると、
メインの登場やじるし



ミルミョン
これは釜山を代表する料理ですね!
ソウルでは見かけたことがないです!
あるかもしれませんがwww



見たらちょっとは分かるかもしれませんが、
冷麺のような感じで、
麺が中華麺なんですよ~
冷麺のようにお酢やからしを入れて食べます~
とっても食べやすくて、
みんな完食してましたWハート
しかも安いしね!



お店の近くには
あの、ソルビン本店も!
ミルミョン食べて、
デザートにソルビンでもいいかもねスター

さて、昼食でお腹を満たしたら、
最後の観光へ~~

お店情報
いぬごや 店名:ハルメカヤミルミョン/할매가야밀면
顔郵便マーク 住所:釜山広域市中区光復路43番56-14 /부산광역시 중구 광복로 56-14
電話:051-246-3314
地球 地図:NAVER地図


2015blogkishabanner.png

韓国情報が満載!!&在韓日本人の皆様のブログも見れちゃう!
在韓日本人ネットワークFaceBookはこちら→facebook
在韓日本人ネットワークブログはこちら→*Ameba check*


今日も、最後までありがとうございます
もう、一押ししてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
人生でこんなに電話をしているのは初めてでは
ないかと思うくらい、毎日電話ばかりしている嫁デス
電話イヤだーーーーーーー!!

さて、そんな不満はありますが、
昌原&釜山ツアーレポの続きです~


前回までのツアーの内容はこちらやじるし

sao☆ 食と観光を満喫した旅@昌原&釜山の旅:はじめに
sao☆ 歴史ある市場はでっかいどー!!@「馬山魚市場」昌原&釜山の旅‐昌原観光編①‐
sao☆ 菊の菊のための菊による祭り?!@「馬山カゴパ菊花祭り」昌原&釜山の旅‐昌原の祭り編‐
sao☆ 名前が刻まれた観光名所で硝子のアクセサリー作り@「想像の道&ガラス工芸体験」昌原&釜山の旅‐昌原観光編②‐
sao☆ 刺身もおかずも美味しくてGOOD!@「シンソンジャンフェッチッ」昌原&釜山の旅‐釜山グルメ編①‐
sao☆ 気持ちいい海まで徒歩3分のリーゾナブルホテル@「東横イン釜山海雲台(ヘウンデ)」昌原&釜山の旅‐釜山ホテル編‐
フグさんのダシが染み出てます!!@「クムスポックッ」昌原&釜山の旅‐釜山グルメ編②‐


朝から体に染み渡るフグのスープを食べて、
ポッカポカになったら、
本格的な釜山観光の開始です~

まず、向かった先は...

甘川文化村!!


甘川文化村って?




甘川文化村は、山の麓にある階段式に形成された村。
家々を色つけして、まるで1枚の絵のように並んでるよ~
その風景から、釜山の「マチュピチュ」とも呼ばたり。
↑行ったことないけど...
テーマのあるホームプロジェクトや路地裏に隠れた造形作品とか、
地域の住民たちにより再生された体験観光スポットとして人気。
ここに昔から住んでいる住人の生活も垣間見えるよ!

甘川文化村をぐるっと散策


ここは釜山でも有名な場所ですね!
上の写真を見ても何となく予想がつくとは思いますがwww
もう、写真スポット満載の場所ですよ~
まずはこの村を説明する博物館京都国立博物館



今では観光名所となっているこの村ですが、
もともとはただの村
昔、使ってたものなど飾ってあります~



村を代表するアート。
緑の家ですが、人間みたいにも見えますね
ここは観光地として作り変える際に、
アートも取り入れたそうです!
村の中には色々なアートがありますWハート



もちろん、景色がすばらしい場所ではありますが、
ショップなどもあります~
魚のオブジェのところでは魚とキスするように
写真を撮るのがガイドさんのおすすめだそうOK

でもでも、ガイドブックに載っているような村の
風景をみたいですよね?
そんな風景が見れるのが、こちら↓



ハヌルマルという展望台
目の前には村全体を眺めることができ、



違う方向には海も見ることができます!
この日はお天気が悪くて...
ちょっと写真写りが悪いですが...
私が持っているカメラのミニチュアという機能で
撮ってみたら、めっちゃ可愛くなったりもハート



ハヌルマルの下にはポストが置いてあって、
その横にはボランティアの学生さんらしき方たちがいます
その方たちにスタンプをもらって、
甘川文化村の夜景のハガキをGETピース♪



ここは夜景もきれいだそうです!
ただ、夜8時以降あたりからは、住人の生活を守るためにも
立ち入り禁止となるみたいなので、日が暮れたらお早めに!
ポストにハガキを入れることも可能で未来ポストとなってます~



アートな街でもあるので、
いたるところには壁画もあります!
写真撮影には最適



そんな素敵な村ではあるけれど、
ここは今も昔も住人が住んでいる居住区
生活感も垣間見えます!
特に急な坂はとっても大変
でもここの住人にとっては大変ではないみたいww

色んなアートがある村だけど、
このアートは人気やじるし



星の王子さまオブジェ
みんなこうやって写真撮ったりしてたww



危険なので、キヲツケテ写真撮ってね!
ほかにも有名な場所だけあって、
韓国のTV番組も撮影あったり、
あのHEROの映画でも撮影されたらしいよ~



キムタクがこの長い階段をあがったとか

15-11-13-22-16-13-385_deco.jpg

でも、この階段下るのも大変だった!
それだけすごいところに家を建てたってことね
そして、またカメラで遊ぶ



家とか、長い階段もフィギュアでできてるみたいで
可愛いスター



まだまだ有名な場所へ
こちらは昔の銭湯
受付のおばさんが特徴電球



今ではカフェになってて休むことも可能だし、
銭湯のオブジェもしれっとあったり。
あっ、ちなみに長い階段を上から眺める展望台は
ここの銭湯の屋上デスなるほど!



ここでも、スタンプ押して
ハガキもらえるよ
今回は雪景色の甘川文化村
これもなかなかイケルねテヘ



この甘川文化村なんだけど、
結構広いし、アップダウンも激しいところ
ほんとはもっと時間をかけて回りたかったんだけど、
時間の関係上、速足でささっと見学。
次回はもっとゆっくり行きたいな♪

さて、ここ1か所しか見てないけど、
もうお昼の時間ってことで、
お次は昼食へ~~

...続く

観光地情報
いぬごや 観光地名:甘川文化村/감천문화마을(カムチョンムナマウル)
顔郵便マーク 住所:釜山広域市沙下区甘内2路 177-11 /부산광역시사하구감내2로 177-11
電話:070-4219-5556、051-291-1444
Internet Explorer8ホームページ:http://masan.golmoktour.kr/coding/main/main.php 
アクセス方法①ソウル駅からKTXで釜山駅へ(約2時間40分所要)
      ②釜山駅からタクシー(約21分所要)
地球 地図:NAVER地図


2015blogkishabanner.png

韓国情報が満載!!&在韓日本人の皆様のブログも見れちゃう!
在韓日本人ネットワークFaceBookはこちら→facebook
在韓日本人ネットワークブログはこちら→*Ameba check*


今日も、最後までありがとうございます
もう、一押ししてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?