今日から3月ですね~!
去年の今頃は結婚式とか新婚旅行の準備とか
忙しかったんですよね~!

あれから1年経とうとしていますが、
今日は全然進んでいない、ヨーロッパ旅行ギリシャのお話ですUP!

白と青の建物が素敵なミコノス島に滞在中の私たちは、
ミコノス島から船で簡単に行くことができる
島自体が世界遺産に登録されている「ディロス島」へ行ってみましたw

あつ、その前に今までのお話はこちらからどーぞ矢印矢印



さて、ミコノス島から日帰りで行けるディロス島。
位置はこちら矢印

mapdilos.jpg

グーグル地図で見ると近いですね。
こんなに近いなんて知らなかった・・・www


でも、ミコノス島かは船で約30分の距離なんで、
まっ、それくらいですね(笑)

ミコノス島滞在の2日目にディロス島に行ったんですが、
この日は晴天太陽

DSCF6034.jpg

ホテルを出たすぐのとこの写真ですが、
真っ白なミコノスタウンがちらっと見えます。

ディロス島行きのチケットはミコノス島に到着した日に
購入しており、朝9時台出発の船にしました。
私たちが行ったのシーズンのちょっと前だったので、
9時台と11時台の2台のフェリーしかなかったと思います。
チケットは1人19ユーロ(2660円くらい)でした。
ちなみに、チケットはミコノス島にあるブルースター会社で
買ったような気がします。

フェリーに乗るために港へ行くと、
そこでは朝市が開かれてました。

DSCF6042.jpg

DSCF6045.jpg

DSCF6046.jpg

朝市で新鮮な野菜とか果物とか買いたかったんですが、
これからディロス島に行くところだったので、断念。
ディロス島から帰ってきたら、案の定、終わってました・・・。

さて、ディロス島行きのフェリー乗り場へ向かいます~

DSCF6038.jpg

ディロス島行きのフェリーは、
アテネやサントリーニ島などを行ききする
港とは違って、ミコノスタウンのすぐ前に
あります。

フェリーも大型ではなくて小型。
なのでフェリーに乗れる人数も限られてくる
ので、早めの予約をおすすめします~

DSCF6159.jpg

いいお天気に旦那さんはニコニコニコニコ

DSCF6037.jpg

やっぱり南国!!
海もキレー海

DSCF6036.jpg

いよいよ出発~~
少しの間だけミコノス島よ~バイバイ~~aya

DSCF6054.jpg

船に乗ってあっという間にディロス島へ~

DSCF6158.jpg

さて、ディロス島ですが・・・
昔昔、その昔、ここディロス島はディロス島を取り囲む島々たちの
中心の場所と言われるくらい栄えていた島だったそうです。
ただ、そんな栄えていた島も紀元前1世紀にアジアの小国に攻めこまれ、
1万人の島人が虐殺されて以降、1800年後半になるまで
忘れられていたそう・・・。
ディロス島自体は面積4キロ平方メートルしかないんですが、
その中には栄えていた遺跡たちがたくさん!!

そんな島を探検します~
ちなみに、この島には住んでいる人おらず、
フェリー代とは別に島の入場料5ユーロ(700円)が必要です。
結構入場するのに時間がかかります。
三脚を持ち込もうとしたら、没収され・・・
帰りに返却してくれました・・・。

さて、実はこのディロス島は滞在時間が4時間ほどしかありません。
島に来たのと同じフェリーで帰ります。
なんで、入場するのに並ぶ時点で時間がなくなっていく・・・・
んですが、そこは諦めてちゃっちゃと見ていきます~

DSCF6063.jpg

その当時の街。
きちんと一軒一軒区画されてるんですよ~!

DSCF6072.jpg

こちらは床に残るモザイクが残るディオニソソスの家。
大きな柱まであったんでんでしょうね。
多分金持ち?

DSCF6074.jpg

DSCF6095.jpg

ここは今も当時の面影を残す古代劇場。
観客気分と演出者気分で写真をパチリww

DSCF6093.jpg

DSCF6090.jpg

一応、古代遺跡の中でツーショット写真ハート

DSCF6088.jpg

当時の貯水システム跡。
何だかすごく綺麗に残っていて感動w

DSCF6084.jpg

DSCF6083.jpg
↑この台座なんか、文字が書いてあったんですよね。こんなものまで残っているなんて!

DSCF6103.jpg

他にも何だか大きなお家の跡もあって。
多分、有名なお家なんですけどね~
もう忘れちゃいましたw
本を見ながら歩いて回ったんですけど、
今、写真みて振り返ると分からないですね・・・・。

そして、私たちはゼウスの聖域がある標高約110Mのキントス山へ~大山
いやぁ~一応山だからね。
登る時は辛かったよ~
しかも、靴ではなくサンダルを履いていってたんで。。。
でも、山の頂上の眺めは最高

DSCF6108.jpg

綺麗な海を見えるし、島全体の遺跡も、
また私たちが乗ってきたフェリーも見えますね~

DSCF6111.jpg

頑張って登ったんですけど、
時間がないので、すぐ降ります~
石の階段が多く、スベリそうでしたw
行かれる方は運動靴で行きましょう!

DSCF6121.jpg

DSCF6122.jpg

DSCF6125.jpg

山から降りる途中にも神殿がっ!!
何だか、この神殿は不思議な気運があった気がします
私だけねw
ここでも改めて綺麗に保存されていることに感動

山を下りて、今度は博物館にも入ってみます~
この博物館は島入場料とともに入館料も含まれているので、
そのまま入れます~

DSCF6126.jpg

休憩はここの博物館しかないので、
行かれる方はお茶など持参必須ですw

博物館には本当に色々展示されてます~~

DSCF6127.jpg

その中での私のお気に入りはコチラ矢印

DSCF6128.jpg

そう!
このおしりちゃんw
きゅっと上がった感じが何とも言えませんねw
こんなオシリの形は現代では中々見れないのではないかと
思っております。 ←ちなみに私はおしりフェチではありません

今度は大きなおしり矢印

DSCF6131.jpg

前のお姿はこちら矢印矢印

DSCF6130.jpg

写真でも見るとそう大きくもありませんが、
生は大きいんですよw
でも、さっきの銅像みたいなオシリではないんですよねw
↑もう一度言いますが、おしりフェチではありませんw

DSCF6129.jpg

DSCF6132.jpg

DSCF6133.jpg

私もせっかくここまで来たのに、
おしりばかり見てたんではありませんよ
きちんとモザイク画とかも見てきましたよ~

今にも崩れそうな状態で、何千年も前のものが保存されている
その不思議さを感じずにはいられませんでしたね~

さて、博物館もゆっくり見て回りたかったんですが、
まだまだ見て回るところも多くて、
外の遺跡回りに行きます~

DSCF6143.jpg

この島でも有名なライオン像です!
外敵からこの島を守るような形で、海沿いに建てられてます。
上写真は遠くから、下写真は近くで!

DSCF6135.jpg

と言ってもレプリカですがw
実物は博物館内にあったらしいんですが、
完全に見逃しましたw
おしりに気を取られて。

若干、落ち込みつつもライオン像の向かい側には
聖なる湖が~~~

DSCF6136.jpg

って、今は林みたいになってます!
一応、道が作られてて湖の中を通ることもできるんですが、
サンダルで、虫がいそうだったので、外から眺めるだけでw

もう、結構お腹いっぱい遺跡を回ったんで、
フェリー乗り場に向けて歩きます~

DSCF6144.jpg

向うには先ほど上ったキントス山も!
こう見ると結構高いでしょっ
頑張ったんですよっ

最後は聖なる道を通りながら、

DSCF6155.jpg

昔、一番人通りが多かったのであろう、
広場を見て、フェリー乗り場へ~

フェリー乗り場では、何だか漫画に出てきそうなカッコいい
おじさんが海を見ながらパイプを吹いている場面に
またまた感動し、

DSCF6156.jpg

ディロス島を後にし、ミコノス島へ戻ります~
島全体が世界遺産のディロス島。
超短い滞在時間でしたけど、お腹いっぱいになりましたw

そんな私たちは、ミコノス島に戻ります~
本当はもうミコノス島にも飽きた
いや次の場所へ移動したかったんですが、
乗れる船がなく、もう一日ミコノス島で過ごします~

その様子は次回へ~aya

今日も、最後までありがとうございます
もう、一押ししてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
韓国の気ままな日常生活の防備録の合間に、

シレっと、ヨーロッパ旅行の記録をぶち込みます爆発

ってことで、今回も前回に引き続きひょっこりひょうたん猫ミコノス島編です。

今回はミコノス島の市街地の様子を書きたいと思います~

韓国にしか興味のない方は写真だけでも見てやってください。

たまに良い写真あったりします(笑)

前回の分はこちらからどーぞ矢印



今回はミコノス島なんですが、この時のカメラ担当が旦那さんおじいちゃんであったため、

綺麗な風景に干物嫁が写りこんでいる写真が多数です・・・あしからずw

ミコノス島ですが、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
ミコノス市街地は町の建物が白色と青色で塗られた町です
町に行くとこんな感じで、何だかテレビで見たことのあるような風景が広がっているんです~

DSCF6035.jpg

DSCF6174.jpg

道は石畳でとっても綺麗に作られています~

そんなミコノスタウンは迷路のように入り組んではいますが、
半日もあればミコノスタウン自体は十分に回り切れるので、
私たち夫婦もワイワイわぁい しながら回ります~

可愛い洋服みたり~

DSCF5987.jpg

美味しそうなオレンジを眺めたりw←買いはしない。

DSCF6003.jpg

写真で見るととっても美味しそうに見えるし、
この時結構果物を欲していたので、
本当は買いたかったけれど・・・・
何だか美味しくなかったら嫌だったので買わなかったんです
ちょっと買ってみたら良かったカモと写真を見ながら後悔中・・・

オレンジに後ろ髪を引かれつつも記念を撮影をしたり~

DSCF6006.jpg

この日は夕方ころにウロウロしたので、

次の日も~

DSCF61691.jpg

ちなみに、この日の洋服はその前の日に
見ていた上写真のお店で洋服買っちゃいました
多分40ユーロ(5600円)くらいでしたよ金

あんまり服を持ってきてないことに気づき、
また旅の記念にというのもあって

DSCF6177.jpg

買っちゃいましたv
しかしながら、こんなの東アジア
いや、日本とか韓国では中々キレナイです
お腹出てるのが分かるモンで・・・

そんなことはさておき、

他にもウロウロ~

建物は真っ白で、そこに爽やか青色さんも加わって良い感じなんです~

こちらは、真っ白の教会「パラポルティアニ教会」チャペル*

DSCF6179.jpg

私が持って行ったガイド本「地球の歩き方」にも
こちらの教会は掲載されていて、
ここを訪れる人の観光スポットですねギリシャ国旗
この時は室内は入れなかったんですよね・・・
しかも、真っ青な青空だったら、この教会の写真もキレイなのに・・・

残念

ぷんぷん

この写真くらいの青空だったら良かったのに・・・

DSCF6015.jpg

デカく映っている旦那さんはおまけですw←イラナイ

それから、海沿いのカフェでも

DSCF6185.jpg

こういったカフェは呼び込みがスゴイんですよ~
でも、海見ながらオシャレにエスプレッソsei
いいですね~
↑私たちは節約旅行だったので、ガマンです

でも、

でも


そんな節約ばかりは

ヤダー

と嫁のワガママが

BOMドカーン 爆発し、

奮発して食べた夕食がこちらコチラ

DSCF6007.jpg

チキンチキンです。
多分6ユーロ(840円)くらいだったかな?
そんなにウマイーってことはありませんでした。
油がいっぱいで、薄味でしたね~

でも、こんな時って雰囲気に呑まれてか
美味しく感じました

うちの旦那様はこんな時ももっと
質素に

DSCF6008.jpg

ハンバーガーハンバーガーです
特に、ハンバーガーが好きなわけではなく、
ただ、ハンバーガーが安いから。
3ユーロ(420円)。
実際はチーズバーガーなみのものでしたけどね。

ボンビー旅行なんで、食べ物は仕方ないんで
諦めがついてるんですけど、
そんな私たちを慰めてくれるかのように、
ミコノス島のサンセットは素晴らしいですねSUNSET SKY

DSCF6013.jpg

DSCF6016.jpg

DSCF6018.jpg

ちなみに5月くらいのギリシャのサンセットは
夜9時くらいで、まだまだ夜は冷え込むのでご注意を寒

そして、このミコノス島では、
最初の出会いがありましたね!

DSCF6009.jpg

実は、ギリシャアテネに到着した最初の日にホテルにて
同じ部屋になった韓国人女の子ハート
ミコノス島に行ってることは知っていたんですが
まさか再会するとは!!

トルコにイスタンブールの彼女は今ごろ韓国かな??
釜山にいるみたいなんだけど、
いつか会いに行きたいな♪

そして、ここまで延ばしましたが、
ミコノス島の代名詞でもある美しい石畳みの道ですが・・・

実は・・・

DSCF6044.jpg

書いちゃってましたw

インド人らしき出稼ぎ労働者たちが、せっせと町のあちこちで
道にキレイな二重丸丸を書いています
それにしても、これ言われなければ分からないほどに、
きれいな丸を書いてるんですよね~
これが、この美しい街並みの秘密でございます秘

さて、ミコノス島の中心地であるミコノスタウンも紹介しましたので、
次回は、ミコノス島から船で行く、
島自体は世界遺産となっている場所をご紹介しますなっ・・・なんと!

今日も、最後までありがとうございます
もう、一押ししてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

全く終わる気配のないヨーロッパ旅行記

だけど、自分の防備録のためにも必ずや!!

書き上げたいっ

暇を見つけて、気ままに今年もUPしていきます(笑)

ヨーロッパに興味のない方は写真だけでも見て行ってくださいね~

一応、こちらに前回までのギリシャ編の分を書いておきます~



期待に胸を膨らませ、ギリシャでも有数の新婚旅行の地へやってきた田舎娘夫婦。

やっと新婚旅行らしいことができると思い、アテネからフェリーに乗ってミコノス島へ

しかし

ここで、バックパッカーの厳しさを知ることに・・・

私たち夫婦は、次の土地へ移動する前にホテルをネットで予約して,

移動していたんすが、

ここ、ミコノスで・・・

ホテルが見つからなぁぁぁ~~~~~~い

というハプニングに見舞われます

とりあえず、私たちが購入したフェリーは、

ミコノス島のニューポートへ到着

ニューポートからミコノス市街地までは3Kmほどあるので、

大きな荷物を持って歩くのはムリーってことで、バスで、

南のバスステーションまで移動

バス代は1,6ユーロ(230円ほど) ←意外に高いです・・・

そこから、ホテルを探すんですが、

最初は分からなくて、タクシーに乗ってホテルに連れていってもらったんです

んで、来たホテルはこちら

DSCF6201.jpg

「PASION LOUKAS」

いや、名前もあってるし、明らかに私たちが予約したホテルだったんです

がっ!!

中に行くとここの主人のお婆さんが、

「ここじゃないよ!この住所はうちじゃないよ!!」

って言うんです

でも、私たちもよく分からないから、

ホテルをもう一度探すんですが、

明らかにさっきのホテルしかないんです

んで、

もう一回さっきのホテルに行ったんです。

そしたら、おばあさんじゃない人が出てきて、

今度は「ここじゃなくて隣の道あたりにあるホテルだ」というじゃないですか!!

んで、隣の道を探すも同じ名前のようなホテルは見当たらない・・・

それから、多分1時間くらいミコノス市街地をウロウロ・・・

途中で優しいお爺さんから電話を借りるもホテルへ電話できず・・・

どっかの飲食店のお兄さんに聞くも、さっきのホテルだと・・・

ホテルのご近所さんのおばさんとそこで作業していたインド人の人に聞くも・・・

ホテルはそこしかないと!!

その間に、実は旦那さんとはぐれ・・・

余裕しゃくしゃくとインド人とホテルを探す妻

妻を泣きそうになりながら探す旦那(笑)

インド人と話しているとそこへ旦那がやってきたんで、

旦那さんに最後にもう一回さっきのホテルに行ってみたら、

なんと、おばあさんの娘さんが出てきて、

「ここのホテルで合ってる」って言うではないですかっ

なんと、最初のお婆さんの勘違いだったらしい・・・

私たちの時間と体力を返してくれ・・・

と、途中怒りに満ちた旦那さんでしたが、

でもホテルの施設には大・大・大満足!!

だって、ベランダからは海が

DSCF6202.jpg

部屋はダブルベットの部屋で

DSCF6021.jpg

DSCF6029.jpg

こんなおしゃれな照明に

DSCF6033.jpg

おしゃれな廊下

DSCF6022.jpg

DSCF6023.jpg

サンセットも部屋から堪能できます~

DSCF6025.jpg

ちなみにこのサンセット時間・・・夜9時くらいですよ(笑)

でも、綺麗でしょう

こんな素敵なホテルで、なんとホテル代金2泊で、

58ユーロ(8120円)

安くないですか!!

って、シーズン前だからというのもあるんですけどね

でも、ホテル施設は新婚旅行の雰囲気があって

このホテルお勧めです

って、ことで体力も使ったし、ホテルを探せないかもと心配をしたこともあって、

これは呑まなきゃと思い、この日はホテルで乾杯~~

DSCF6027.jpg

ベランダから海と夕日を見ながら、アルコールを楽しみましたV

DSCF6207.jpg

ちなみにこちらのホテル、日本のコンセントも差せますよっ

DSCF6032.jpg

でも電圧は220Vだから気を付けてくださいねっ!

このホテル、ミコノス市街地まで歩いて10分くらいだし、

って言っても結構な上り坂があるんですけどね

こんな感じの・・・伝わりにくいけど・・・

DSCF5980.jpg

ぜひ、新婚で行かれる方はおすすめホテルです!

この「PASION LOUKAS」はミコノス島に1件しかありませんので、

お婆さんに違うよと言われても、自身を持って対抗してくださいね!

さて、お婆さんに騙されはしたけれど、無事にホテルも探せたので、

真っ白な街が素敵なミコノス市街地へ繰り出します~~

真っ白なミコノス島の秘密を次回お送りします~


<ホテル情報>
ホテル名:PASION LOUKAS
宿泊した部屋タイプ:ダブル(1人1泊14.5ユーロ)
その他:Wi-Fi可、キッチンなし。
住所: Despotika Mykonos 84600
電話番号: 不明
メールアドレス: なし
予約サイト:Venere



今日も、最後までありがとうございます
もう、一押ししてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
年内には新婚旅行ヨーロッパの旅のギリシャだけでも書き終えたいと思っている田舎娘です

多分、不可能に近いですが・・・

さて、前回はアテネの様子をご紹介しましたね~

一応、こちらに前アテネの紹介の分を書いておきます~
-----------------------------------------------------------
やっぱりアテネの遺跡にはヤツがいた!?そしてまさかの心霊写真!?@アテネ観光:その①
やっぱりまだまだ工事中だったよ~!@アテネ観光:その②
-----------------------------------------------------------

アテネ観光はまる1日だけで・・・次の目的地へ移動します~

お次の目的はこちら

atenemap1.jpg

ミコノス島~

って聞いたことありますかね??

私は何となく聞いたことあったんですけど、結構ギリシャを代表する島です~

新婚旅行でも人気の場所ということで期待を胸に出発します~

アテネからは船に乗って行きます~

アテネからミコノス島まではフェリーで5時間30分・・・

DSCF5968.jpg


アテネに到着した日にフェリーの切符は予約して買っておいて、

デッキ席(一番安い席)で一人34ユーロ(4760円ほど)

って、ことでアテネ市内でもミコノス島までフェリーの出ているピレウスという町まで行きます~

フェリー出発時間は朝7時30分

ホテルからピレウスという町までは電車で20分ですが、

ギリシャを旅したことのある旦那さんの情報だと、

デッキ席(一番安い席)は決まった席がないので、空いているフリーの席を

早い者勝ちで場所とりしなきゃならないとのこと。。

なので、ホテルを6時半に出発し、ピレウスへ~

DSCF5965.jpg

ピレウスへ到着し、今度は乗るフェリーを探します~

私たちが乗るフェリーは、BLUE STARという会社なんですが・・・

このBLUE STAR会社のフェリーがたくさん~~

DSCF5966.jpg

こういう時には旦那さんの出番!!

船会社の人と思われる人に声をかけまくり、船を探します!

さすが、旦那様

この2か月の間、うちの旦那様、大活躍ですv

朝日が眩しいアテネにさよならして~

DSCF5970.jpg

DSCF5971.jpg

フェリーでミコノス島へ向かいます~

DSCF5972.jpg

ちょっと出発すると完全に明るくなりました~

デッキ席といえばこんな感じの席ですが・・・

DSCF5979.jpg

それは名前だけで、ただの「席なし」という意味で、

空いている席ならどこでも大丈夫です

フェリーが出発して間もなくすると、経済破綻したギリシャでさえこれをやってましたよ

DSCF5973.jpg


そう!緊急事態時の対応方法!!

今年は韓国ではセウォル号という大惨劇がありましたが、

ギリシャでは飛行機乗った時にやるように常務員さんがきちんと救命胴衣の説明をしていました~

フェリーは5時間半の旅・・・

寝たり、食べたり、寝たり、寝たりしながら、

フェリーでは過ごし、たまには外にでると、通り過ぎていく島が見えたりもします~

DSCF5978.jpg

フェリーでの長い長い時間を過ごし、よやくミコノス島に到着するのですが、

ミコノス島では旅に出て5日目にして、

バックパッカーの旅を辞めたいと思う事件が起こります・・・

それは次回に~

今日も、最後までありがとうございます
もう、一押ししてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村
また、旅に出たいと思い出している田舎娘です

でも、あと2年は行けなさそう。。。

さて前回は、アテネ市内観光の前半をご紹介しました~

が、大分前なので覚えてない方もいらっしゃると思いますので、

復習&見たいという方はこちらからどーぞ

-----------------------------------------------------------
やっぱりアテネの遺跡にはヤツがいた!?そしてまさかの心霊写真!?@アテネ観光:その①
-----------------------------------------------------------

てか、私も忘れている・・・・

とっても良い場所が盛りだくさんなので、必ずやいつか最後までご紹介しますね~

あっ、韓国情報を見に来られた方は息抜きに写真だけでも見ていってください

さて、アテネ観光後半~

朝早くからアテネの遺跡を堪能していながらも、若干疲れてきた田舎娘夫婦は、

次の場所「無名戦士の墓」へ向かいます~!

毎週日曜の午前10時50分から行われる衛兵の交代式を見るためです~

超超超~~~~広い古代アゴラを出ると、日曜市みたいなのをやってました~

크기변환_DSCF5876

絵とか骨董品とか売ってましたよ~

크기변환_DSCF5877

年配の方が多くて、結構にぎわってました~

크기변환_DSCF5878

ちょうど小腹がすいていた時にこれを発見~

크기변환_DSCF5880

美味しそうでしょう~

買ったものはこちら

크기변환_DSCF5881

こちら「クルーリー」です

価格は1ユーロ(140円くらい)で、こうやって街角の屋台でよく売られています。

表面にはゴマたっぷりで香ばしくてGOOD!パンなんですが、

サイズも大きくてお腹にきます(笑)

美味しいパンを食べながら、目的地に向かうんです。

が!!

田舎娘、道に迷いました~~~~~

ってことで、見たかった交代式は結局見れず・・・

諦めて次の場所である「ローマン・アゴラ」

크기변환_DSCF5892

ローマン・アゴラとは・・・・
ローマ時代初期の遺跡で、かつては市場兼集会場として使われていた場所だそうです。
こちらも共通券にて入場可能!

特徴は、たくさん並んだ石柱です。

크기변환_DSCF5891

ぱっと見るからに、当時のものではなさそうですが・・・

私の予想では多分再現されたものでしょう・・・(笑)

크기변환_DSCF5885

って、このローマン・アゴラ柱も特徴ですが、

もう一つ注目すべきものがあります

それがコチラ

크기변환_DSCF5888

「風の神の塔」です!

1世紀(約2000年前ですね。。。)の天文学者が建てた物で、
かつては日時計、水時計、風見の3つの役割をしていたとか・・・
壁にはそれぞれの方角に風の神の彫刻がされています~

その他にも何かしらの建物の跡もあります~

크기변환_DSCF5887

こっちの方がなんだか、貫禄あるような・・・

さて、ローマン・アゴラを堪能したあとは・・・

ついに!

ついに!!

ギリシャであの有名な場所へ!!!

ギリシャにあんまり興味はなくても名前の聞いたことのある

そう!!

「パルテノン神殿」です

パルテノン神殿は、アクロポリス丘の上にあって・・・・

暑い中坂道登って到着~

頑張って登った甲斐あってか、アテネ市内を見渡せるこんな景色も~

크기변환_DSCF5894

크기변환_DSCF5897

下にある岩・・・結構スベルんですよね~

行かれる方、オキヲツケテ・・・

さて、いよいよパルテノン神殿があるアクロポリス遺跡に入ります~

パルテノン神殿とのご対面の前に、見えたのは・・・

크기변환_DSCF5901

「イロド・アティコス音楽堂」

크기변환_DSCF5902

ここはアッティカの大富豪イロド・アティコスがアテネ市に寄付したもので、
161年に作られました。6000ほどある観客席は最近修復されて、夏にはここで
演奏会とかオペラとか上演されるそうです~!

크기변환_DSCF5904

音楽堂の向こう側もアテネ市内を一望できますね!

さて、いよいよギリシャで最も有名な??あの遺跡とご対面です~

それはこちら

크기변환_DSCF5916

はい!

これがあの!

あの!!

パルテノン神殿です

もっと近くで見てみましょう~

ドン!

크기변환_DSCF5910

どうです?どうです??

キタァ~~~

って感じでしょう~←私だけ??w

でもでも、ちょっと裏に回ると、ハイ!

噂の・・・

크기변환_DSCF5907

始めて30年、まだまだ工事中の工事現場・・・

進んでいるのか、いないのか・・・

終わるのか終わらないのか・・・

てか、こんな神殿の上にも細かい彫刻があるから工事も大変なんでしょう・・・

크기변환_DSCF5913

多分・・・。

さて、神殿の向こう側にあるギリシャ国旗の下には何やら人だかりが・・・

크기변환_DSCF5914

行ってみたら・・・

なんと・・・

じゃぁぁぁぁぁ~~~~ん

크기변환_DSCF5915

アテネ市内一望です~

韓国みたいにガスなんてかかってない

とぉ~~~くまで見渡せるこの眺め

最高ぅぅ~~~~

写真の奥に見える丘は、アテネで最も高いリガヴィトスの丘だそうです

そして、パルテノン神殿の横には女の人の像が目を引く「エレクティオン」があります~

크기변환_DSCF5919

この女性の像ですけど、ここにあるのはニセものだそうです~

6体の像のうち、本物は5体は新アクロポリス博物館に、

もう1体は大英博物館にあるそうです

いつか大英博物館にあるのを見に行ってみたいなっ

アクロポリス遺跡内にはいくつか建物があるんですけど、

크기변환_DSCF5921

こんな、これ崩れないの??って思うような柱があったりします~

アクロポリス遺跡は私が考えても、アテネ市内の一番の見どころではないかと思いますね

なんで、

크기변환_DSCF5922

人もたくさぁぁ~~んです(笑)

크기변환_DSCF5924

こうやって一番見たかったパルテノン神殿をあとにします~

後は、、もう少しアテネ市内にある遺跡を回ったり、

アテネ市内の町をウロウロしたりするんですけど、

크기변환_DSCF5927

アテネ市内の町には有名ではないけれど、小さな遺跡もありました~

あとは、ショッピングを楽しむプラカ地区をウロウロ~

可愛いサンダルがたくさん~

크기변환_DSCF5929


たぶん売り物の服が2階の窓にかかっていたり~

크기변환_DSCF5930

歩き疲れたので、カフェで休憩~

크기변환_DSCF5931

カフェからは英国教会も~19世紀に建てられたものらしいですよ~

크기변환_DSCF5932

こちらは、アドリアノス門
2世紀に建てられたものですが、しっかりと建っています~

크기변환_DSCF5933

さて、アテネ市内遺跡をお得に回れる共通券がまだまだ残っているので、

じゃんじゃん回っていきます~

今度はこちらの公園です~

크기변환_DSCF5934

こちらの公園には~~

크기변환_DSCF5935


ゼウス神殿の遺跡があります~

크기변환_DSCF5939

ゼウス神殿とは・・・
ゼウス神の聖域にある神殿で、当時は104本の柱があったようですが、
現在では15本の柱が残っています~

크기변환_DSCF5941

近くで見るとこの柱が本当に高いんですよ~

しかも、柱の上~~には細かい彫刻もされていて、

どうやって建てたのか不思議な感じで眺めました~

公園には、ギリシャの旗もはためいていました~

크기변환_DSCF5942

何だが蒲鉾のように切られている柱も発見~

크기변환_DSCF5943

これをみて蒲鉾食べたいと思ったのは私だけ??

まぁ~きっと遺跡の写真ばかりで飽きたことでしょうから、

ちょっと私と町並みでも??どーぞー

크기변환_DSCF5946

크기변환_DSCF5949

크기변환_DSCF5951

さて、ゼウス神殿を堪能したら、最後の遺跡へ~

線路を渡っていきます~

最後の場所はこちら

크기변환_DSCF5953

ケラミコスの遺跡

크기변환_DSCF5954

これこそ、まさにただの石が置いてあるような風景です

私たちもここでもう疲れ果てていたため、ざっと回りました~

크기변환_DSCF5956

ちなみにケラミコスの遺跡とは・・・
紀元前12世紀頃~紀元前1世紀頃の古代基地だそうです~

크기변환_DSCF5957

크기변환_DSCF5958

크기변환_DSCF5959

크기변환_DSCF5961

遺跡の中には博物館みたいなのもあって、とりあえず古代ギリシャっぽいやつを

写真にとってみました~v

크기변환_DSCF5962

さて、やっとやっとアテネ観光終わりました~

まだヨーロッパ旅行2日目の話です・・・

2か月分の話・・・

いつ終わるのか・・・・

気長に気長に読んでいただけたらと思います

アテネ観光はもう終わり!

次はアテネを離れて船でミコノス島に向かいます~

次回もお楽しみに

今日も、最後までありがとうございます
もう、一押ししてくれたら嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

WHAT'S NEW?