こんにちは爆笑​​​​​​​

今日も会社で突然一人の時間ができましたー
こういう日に限って何にも準備しておらず・・・
本当は丹陽旅行の続きを書きたいところですけど、
溜まっているネタを書きたいと思います鉛筆​​​​​​​

1か月くらい前のお話なんですけど、
5月末にお釈迦様の日がありました。
その日は韓国は休日でした。

私の韓国生活も残り少ないので、
行けるうちに行っておこうと
お寺へ行ってきました京都​​​​​​​

今回行ったお寺は下矢印​​​​​​​

20180525_5.jpg 

議政府にある
「望月寺/マンウォルサ(망월사)」
なんですけど、
このお寺参るのに覚悟がいあるんです・・・
だって、


20180525_6.jpg 

山の上にあるからw

20180525_1.jpg 

登山道を上っていくんですけど、
上の看板のところから1.9㎞しかないってのに、
本当に大変で、急な階段とか

20180525_3.jpg 

ごつごつした岩肌とか、
運動不足の私には結構キツかったあせるあせる

20180525_2.jpg 

でも久しぶりに自然を感じて、
登ったあとの達成感はありました笑い泣き​​​​​​​

20180525_8.jpg 

その日はお釈迦様の日ということもあって、
色とりどりの提灯が飾られてました
この時期だけに見ることができる光景ですねー
何度見ても見とれてしまいます。

そして、お釈迦様の日だけの特別イベント下矢印​​​​​​​

20180525_4.jpg 

お寺のご飯を頂けますナイフとフォーク​​​​​​​
ここのお寺ではビビンパと酢の効いた冷たいスープでしたー
それから果物も配っていましたー

これを目当てにお寺に行かれる方もいらっしゃって、
他のお寺はものすごい人なんですけど、
さすがにここは山を登らないと行けないので、
いつもよりは人が多かったとは思いますけど、
それでも他のお寺に比べたらマシでしたニコニコ​​​​​​​

ちょうどお腹すいてたし、
山の風景を見ながら食べたので、
味は素朴でも格別に感じましたキラキラ​​​​​​​


20180525_7.jpg 

実はこのお寺、
旦那さんのお友達は眠っているお寺です。
来年には日本へ行くことも決まっているので、
その報告もかねて行きました。

20180525_9.jpg

そのほか、自分たちの願い事も込めて、
お祈りしてきましたー
特別に仏教徒というわけではないのですが、
たまにはいいのかなーと思ったりもしてますー

また今年も良いお釈迦様の日になりましたニコニコキラキラ​​​​​​​



スポンサーサイト
こんばんわー星

今日は大阪で大きな地震がありました。
大阪にお住まいの皆様、大丈夫でしょうか?
これ以上、被害が大きくならないことを祈っております。

さて、
韓国農漁村公社(한국농어촌공사)が主催する
トバギファーム族(또바기팜족)活動の中のグループ活動で行った
丹陽農村旅行
のレポの続きです鉛筆

丹陽市内を出発して市内バスに揺られて1時間
到着したバス停バス停

201806tanyantokkebi_3.jpg 

ぽつーーーん
本当に何にもなくてこれが
これが私たちの旅の目的って感じがしました乙女のトキメキ

さて、私たちの旅の目的地下矢印

201806tanyantokkebi_5.jpg 

丹陽傍谷トッケビ村

トッケビってお化けとか鬼という意味ですが、
実はこの傍谷という地域は
600年もの伝統のある陶磁器の村白いごはん
昔は陶磁器を作るため土と釉薬が取れていたそうです。
今でも釉薬はここのものだと言ってました!!

実はこの村を回る前に陶磁器体験をしたんですけど
(その話は次回)
その陶磁器の先生のお家がこの村にありました。

201806tanyantokkebi_6.jpg 

先生のお家には工房があって、

201806tanyantokkebi_12.jpg 

たくさんの作品が売られていました
ちょっと傷ものならお安く売られていて、
誰でも購入可能だそうです乙女のトキメキ

201806tanyantokkebi_7.jpg 

工房を拝見させてもらっていると
陶磁器の先生の奥様から
ここでとれたオミジャ茶をいただきました!
ここは韓国でもオミジャの名産地であるムンギョン
というところに近いので
ここでもオミジャを生産しているそうです、

オミジャを砂糖につけて発酵させたものらしくって
すっごく美味しかった!!!

そして先生の娘さんの案内で、
トッケビマウルを探索下矢印

201806tanyantokkebi_8.jpg 

山の中に佇んでます・・・

201806tanyantokkebi_4.jpg 

実際に行けば分かるかと思うんですけど、
ここしかありません。
ここの道路を挟んだ反対側が陶磁器先生のお家です。

201806tanyantokkebi_2.jpg

木で作られたデッキがあって、

201806tanyantokkebi_1.jpg 

またまたオミジャ茶をいただきました。
ここのデッキでぼーっと佇んでいたかった照れ照れ

201806tanyantokkebi_10.jpg 

みーーんなが知り合いのこの村
日本人と知りとっても優しくしてくださいました。

201806tanyantokkebi_13.jpg 

ここで取れたもので作られたお酒などが売られています。

201806tanyantokkebi_11.jpg 

私も2本購入。
各1本15000ウォン
どちらも美味しかったですよ^^

201806tanyantokkebi_14.jpg 

山の中だけあって夕方には肌寒いくらいで
風もたくさん吹いていて、
風車がくるくる回ってましたかざぐるまかざぐるま

201806tanyantokkebi_9.jpg 

みんなで山に向かってポーズ
こういう写真を撮ったことがここ最近なかったので
とっても楽しいひと時でしたー

この村には宿泊施設もあって、
じっくりステイすることができますよー


風船傍谷トッケビ村情報風船
村名:방곡도깨비마을(バンコットッケビマウル)/傍谷トッケビ村
住所:충청북도 단양군 대강면 도락산로 137 방곡도깨비마을 /
忠清北道丹陽郡大崗面道楽山路137
アクセス方法:1.東ソウル総合バスターミナル→丹陽市外公営バスターミナル(高速バス2時間半)
2.丹陽市外公営バスターミナルから市内バスで1時間もしくはタクシーで40分
地図:NAVER地図

クローバー韓国農村旅行情報クローバー
HPhttp://www.welchon.com/web/index.do
灰色の背景用https://twitter.com/welchontour
Instagramhttps://www.instagram.com/welchon1417/
こんばんわお月様

日曜の夜ですね・・・
昨日はシデク(旦那実家)でべろべろになったダメ嫁ですw
そんな嫁が書く爽やかな記事笑い泣き


韓国農漁村公社(한국농어촌공사)が主催する
トバギファーム族(또바기팜족)活動の中のグループ活動で行った
丹陽農村旅行
のレポの続きです鉛筆

今回の旅の目的は
丹陽にある小さな村である「傍谷トッケビ村」へ行くこと。
その村までは市内バスで向かいますバス

201806tanyanbus_6.jpg 

1日に4~5本しかないバスの貴重な1本w

201806tanyanbus_4.jpg 

バス停の前には地元の人のたまり場かな?
ベンチもあって、

201806tanyanbus_2.jpg 

丹陽市内から見える気持ちの良い空と川を見れますラブラブ
本当にこの日は天気がよくて晴れ

201806tanyanbus_3.jpg 

丹陽市内の中心となる橋であるコス大橋のお花も映えてますガーベラチューリップひまわり
よく分からないけど、多分、
丹陽市内の名物光景下矢印

201806tanyanbus_1.jpg 

お空にパラグライダー傘

201806tanyanbus_7.jpg 

たくさんパラグライダー飛んでますよ

201806tanyanbus_8.jpg 

丹陽市内の観光は翌日の予定だったので、
丹陽市内におさらばをして、

201806tanyanbus_5.jpg 

ローカルバス旅でトッケビ村へ向かいますランニングランニング
田舎のバスなので、路線図は張り紙です乙女のトキメキ

201806tanyanbus_9.jpg 

丹陽のバス路線はこれで全部らしいですねw
バスに揺られてトッケビ村へ


風船傍谷トッケビ村への交通情報風船
バス名:고수대교-방곡(コス大橋-傍谷)行き
バス停の場所:タヌリセンターの向かい側にあるバス停
所要時間:約1時間
料金:1300ウォン
丹陽バス情報(韓国語サイト):https://tour.dy21.net/home/?menu=010801#cc



おはようございます!

土曜の朝ほど嬉しい日はないです・・・
悲しいかな会社員の性・・・w

そんな休日ですけど、
ブログ更新w
韓国農漁村公社(한국농어촌공사)が主催する
トバギファーム族(또바기팜족)活動の中のグループ活動で行った
丹陽農村旅行
のレポです鉛筆

ソウルから丹陽へ高速バスで移動して、
バスセンターの横にある建物に荷物を預けたら、
早速、丹陽の市内へランニングランニングランニング

丹陽市外公営バスターミナルから徒歩5分くらいのところにある

201806tanyanitiba_1.jpg 

丹陽九景市場/タニャンクギョンシジャン
へ行きました!

201806tanyanitiba_17.jpg 

丹陽は実は?ニンニクが特産らしく、
この市場にはニンニクを使った市場グルメがたくさんあります!

201806tanyanitiba_10.jpg 

今回は韓国全土のほとんどの伝統市場で使える商品券を使って、
帰るだけの丹陽市場グルメを買ってみましたw

それでは買ったもの紹介ウインク

1.ニンニクスンデ

201806tanyanitiba_8.jpg 

しょっぱなからスンデを紹介する私ですけど、
ニンニクが入っているからか普通のスンデよりは
スンデ特有の臭みが少なかった気がします。

201806tanyanitiba_11.jpg 

このお店で購入!
上の写真の量で1万ウォンでした!

2.ニンニクトッカルビ

201806tanyanitiba_5.jpg 

上の写真の4枚で1万ウォンだったと思います!
トッカルビ自体はハンバーグのような感じなので、
基本的には美味しい!
ニンニクが入ってより一層GOODというよりは
普通に美味しかったですデレデレ

3.ニンニクタッカンジョン

201806tanyanitiba_4.jpg 

タッカンジョンって日本でいうところの
から揚げみたいな食べ物だと思うんですけど、
味付けは甘辛ソースで
から揚げとは味は全く違います!

201806tanyanitiba_12.jpg 

これもトッカルビ同様、
基本的に美味しい食べ物なのでw
これも普通に美味しかったですーグッド!ニコニコ

3.ニンニク餃子

201806tanyanitiba_6.jpg 

多分、この丹陽九景市場の一番の名物グルメかと思います。
これ、ほんとに美味しかったです!
これもまたニンニクどうこうの前に、
この餃子がウマイ!
みんなで食べてもこれだけはすぐに完食しちゃいましたw

何件かニンニク餃子のお店があるんですけど、
断トツ一番人気はココ下矢印

201806tanyanitiba_13.jpg 

私たちが行った時(午前11時くらい)はまだそんなに人が並んでいなくて、
20分くらい待って買えたんですけど、
私たちが買ったあとはすごい人の列でした!!!

201806tanyanitiba_2.jpg

特にニンニクキムチ餃子が人気みたいで、
すべて売り切ったら終わりらしいので、
早めに行くことをお勧めします!!
ニンニクエビ餃子8個入りで7000ウォンくらいだったかな?
でも全部そのあたりの値段です!
今すぐ食べるっていうと温めてから渡してくれますよ。

4.ニンニク饅頭

201806tanyanitiba_3.jpg 

ニンニクと餡子が果たしてマッチするのか?
という恐る恐る食べた饅頭涙
意外や意外で美味しかったですびっくりラブラブ
ちゃんとニンニクも入ってたし、
ニンニクの味もしたけど、
ニンニクが強い味を出しているわけではないので、
まったく邪魔しない感じで美味しかったです照れ

201806tanyanitiba_14.jpg 

12個入りで5000ウォンでしたー

6.おつまみ(番外編)

201806tanyanitiba_16.jpg 

たまたま前を通りかかったお店で
ビール生ビールにめっちゃあうおつまみを発見!!!

201806tanyanitiba_15.jpg 

新しくオープンしたらしくて、
リンゴとかニンジンとか
今までに味わったことのない材料を乾燥させて揚げてました
どれもすごく美味しくて、
ビールなしでもついつい手が伸びちゃうお菓子でしたー



そして買ったものを全部合せたらこうなりました下矢印

201806tanyanitiba_7.jpg 

これを6人で・・・・
さすがに一気に全部完食は無理でしたけど、
でもどれも美味しかったです!!

これ、丹陽九景市場の代表的なグルメのほとんどです!
というかほぼ制覇しました!

201806tanyanitiba_9.jpg 

こんな景色を前に、
美味しい市場グルメを広げて食べました!

みんなでワイワイしながら、
美味しい市場のグルメを堪能できて、
とっても楽しいひと時でした花火


風船市場情報風船
市場名:단양구경시장(タニャンクギョンシジャン)/丹陽九景市場
住所:충북 단양군 단양읍 도전5길 31 도전리시장/
忠清北道丹陽郡丹陽邑トジョン5キル31トジョンリ市場
アクセス方法:1.東ソウル総合バスターミナル→丹陽市外公営バスターミナル(高速バス2時間半)
2.丹陽市外公営バスターミナルから徒歩10分
地図:NAVER地図

こんにちは爆  笑

花金ですね!
今、会社で一人時間
仕事もないので、ブログ更新w

韓国農漁村公社(한국농어촌공사)が主催する
トバギファーム族(또바기팜족)活動の中のグループ活動で行った
丹陽農村旅行
のレポです鉛筆

とりあえず、私たちの日本チームは丹陽へ行くことになりまして、
早速、ソウル⇔丹陽までどうやっていったかについて
書きたいと思います鉛筆

まずは、

ソウル→→丹陽

ですが、私たちは高速バスバス​​​​​​​​​​​​​で丹陽へ行きました!

ソウルから丹陽への高速バスは

201806tanyanacusess_1.jpg 

東ソウル総合バスターミナルから出ています。

201806tanyanacusess_8.jpg

1時間に1本くらい出ていて、
初めて東ソウル総合バスターミナルに行ったんですけど、
結構人が多かったびっくり​​​​​​​

そしてコンビニとや薬局とか充実してました音譜​​​​​​​

201806tanyanacusess_2.jpg 

高速バスの中はお客さんでいっぱいで満席に近い感じでした。
朝8時出発のバスに乗ったんですけど、
少し混んでるくらいで、
予想通り2時間半くらいで、
丹陽市外公営バスターミナルへ到着!!

201806tanyanacusess_3.jpg 

バスターミナル!!みたいな表示よりも
この「다누리아쿠아림/タヌリアクアリウム」の看板が目につくと思いますw
ちょうど丹陽のバスターミナルは水族館うお座​​​​​​​の横にあるんですよー

201806tanyanacusess_10.jpg 

バス降りてとりあえずセンター内のトイレに行こうと思ったら

201806tanyanacusess_12.jpg 

ロッカーがいくつかあって、無料で荷物を入れることができました。
ロッカー自体はすべて閉まっているので、
鍵を近くのインフォメーションで借りる必要がありますベル​​​​​​​

201806tanyanacusess_11.jpg 

個人的な旅行って荷物の問題に悩むんですけど、
ここでは悩まなくていいので楽ちん丹陽観光ができるのが嬉しかったですねグッド!
ロッカーは夕方の5時くらいまでしか使用できないのでそこは注意です注意​​​​​​​

201806tanyanacusess_9.jpg 

それからインフォメーションには英語ができるスタッフさんがいました
上の方なんですけど、基本は英語案内なんですけど、
すこーし日本語もできる方で、
ちょっとだけ丹陽について案内してもらいました
そのあとに早速丹陽市内へ・・・
それからの話は次回にするとして。

次は、

丹陽→→ソウル

帰りは高速が混むのが嫌なので、
電車新幹線​​​​​​​で帰りました。

201806tanyanacusess_4.jpg 

市内からは少し離れている丹陽駅。
今、工事の真っ最中でした!!

201806tanyanacusess_6.jpg 

駅の前には丹陽の定番観光地のオブジェもありました。

201806tanyanacusess_5.jpg 

今回はムグンファ号という列車で帰りました。
バスよりもちょっと早い2時間16分でソウルまで。
ただし、ソウル駅ではなく清涼里駅へ到着です。

もちろん、ソウルから丹陽や電車でアクセスする場合も然りで、
ソウル駅ではなく清涼里駅からアクセス可能ですウインク​​​​​​​

201806tanyanacusess_7.jpg 

今回、私たちが立てた計画が
丹陽に着いたらとりあえず丹陽市内へ行きたかったので、
丹陽市内にバスターミナルのある高速バスを使いました!

ただ丹陽駅から丹陽観光を始める方もいらっしゃると思いますが、
丹陽駅にも観光案内所もあるし、
タクシーも待機しているので、
市内へのアクセスは簡単だと思います!!​​​​​​​

どういう計画で丹陽観光をするのかによって、
電車とバスと使い分けたらいいかもしれませんね!

思っていた以上に丹陽は
ソウルからアクセスがしやすいところだな
と思いました。


風船交通情報(ソウル⇔丹陽)風船
バス(13300ウォン/2時間半所要)
東ソウル総合ターミナル⇔丹陽公用市外バスターミナル
東ソウル総合ターミナル地図:NAVER地図
丹陽市外公営バスターミナル地図:NAVER地図
電車ムグンファ号(10600ウォン/2時間16分所要)
清涼里駅⇔丹陽駅
清涼里駅地図:NAVER地図
丹陽駅地図:NAVER地図
*ムグンファ号以外にもITXやO-trainという電車もあります。

WHAT'S NEW?